快適な家具で素敵な生活


ソファベッド〜Sofabed〜

失敗しないソファベッドの選び方ソファベッドはインテリアショップなどに色々な種類やデザインがあって、どれも可愛かったり、素敵ですよね。通販でもかわいいソファベッドが激安で販売されているようですが、出来ればソファにした時とベッドにした時の使い心地などは、実際座ってみて確かめたいものですよね。

ソファとしてもベッドとしても使えるソファベッドは、スペースを上手に利用できる便利な家具だと言えます。

デザイン性が高いものも多く、自分に合わせた使い方が出来るため、家具店や通販でも人気が高いのがソファベッドです。選び方も人それぞれ、どのようにして使うかによります。

ソファベットのスペースの有効活用できる点はは日本の住まい事情にぴったりのアイデア商品といえるでしょう。座り心地よりも便利さを求めるならと思いがちですが、座り心地もきにならない商品もさがせばるようです。

シングルサイズでスペースを有効に利用するために使う人もいるようですが、リビングでインテリア家具として使っている人も多いと言われているようです。フラットにして使うと比較的幅の広いベッドとして利用でき、途中のリクライニング部分からソファを起こすとで、背もたれの付いたソファになるのがソファベッドの特徴です。

ソファベッドの種類とメリット・デメリット

ソファベッドの背もたれ部分は、折れ方にも様々な種類があります。横方向に起き上がるタイプが一般的です。
縦方向に起き上がるタイプもあります。

また、比較的多く見かけるタイプのソファベッドには、下に収納スペースのあるタイプや、脚がついている高さのあるものがありますが、座椅子のように直接床に置くソファベットや、床から10cm程度の高さのロータイプもあります。

通販などでは、気軽に購入できる激安タイプも数多く販売されていますが、高級木材を使ったリゾートタイプも人気があるようです。

ソファベッドのメリット

ソファベッドは、一つのスペースでソファとベッド両方使えるため、場所に限りがある場所では大変便利に使うことの出来る家具です。オシャレなデザインのものが多く通常はインテリアとして使い来客時にはベッドにすることができるのがメリットになります。

ソファベッドのデメリット

メリットとは反対に、日常的にベッドとして利用する場合、上にかける布団などをどかさないとソファにすることが難しいという人が多かったりするのがデメリットと言えます。なかにはソファベッドの特徴である、ベッドとソファの切り替え部分に小さな溝や段差があるように感じられるものもあります。

ソファベッドの使い方

【ソファとして使う】

ソファとして使うことがメインの場合、テレビを見たり本を読んだりとくつろいで使うことが多いでしょう。一般的にソファは数人で使うことも多いため、背もたれ部分がセパレート可能な中折れ式の選び方が人気のよう。

しかし、ソファカバーを使うときに挟まりやすいので専用のカバーに対する選び方もおススメです。フットレストやロー・テーブルを一緒に揃えるとよりリラックスできてインテリアとしてもおしゃれです。フットレストはミニ・チェアーとしても使うこと可能。

【ベッドとして使う】

ソファベッドをベッドとして使う場合には、薄めのベッドパッド代わりになるような選び方、ベッドカバーに対する選び方をするのがおススメでしょう。ソファベッドはマットレスを使わないため、干すことが出来ません。

シーツを使うのもいいですが、ソファにして使うときにインテリアとして微妙になることも多いので、大き目のソファカバーをうまく利用したりすると、リクライニング部分の段差なども気にならなくなります。

【ソファベッドの選び方】

【折れ方】

横方向に折ることが出来るソファベッドの中には、背もたれ部分を何段階かにリクライニングできるものがほとんどだといわれていますが、2人で別々の角度で背もたれが使えるように切り離し部分があるタイプもあります。一人暮らしの場合は、普通の選び方でも良いですが、同棲や新婚、恋人同士で過ごす時間が多い場合の選び方は、切り替えしタイプを選ぶほうが賢い選び方と言えるでしょう。

また、横に折り曲げる部分があるタイプの場合、ソファにしている時には肘掛を作りコンパクトなサイズに出来る便利なものもあります。肘掛部分も何段階かにリクライニングするタイプなら、枕にも使えるのでちょっとリラックスしたい時にもいいでしょう。各種サイズを揃えているファニチャーショップでも、アドバイスしてもらえますよ。

【サイズ・デザイン】

ソファベッドの選び方で大事なのは、ソファにした場合とベッドにした場合のサイズの違いをチェックしておくのが重要!
切り替え作業をするためには、ソファベッドサイズや置いてある場所の周りにスペースが必要な場合があるようです。
自分に合ったサイズの選び方を覚えましょう。 サイズの選び方も、一人で使うのか二人で使うのかで違ってくるので、ソファのサイズ、部屋のスペース使用人数を、しっかりと把握した選び方を心がけましょう。くれぐれもサイズのチェックを忘れないように!

サイズの点であとひとつ、寝室や部屋のスペースはもちろん、入り口のサイズ、大きさも見ておきましょう。
ベッドのサイズが大きすぎて部屋に入らないなんてことも…。窓枠のサイズが大きければ、そこから入れることも可能だけど、ベッドのサイズが大きいとその分重さも増し、部屋が2Fだったりすると重労働になり、サイズが大きいが為にいらない費用まで付く可能性も…

デザイン部分に凝った選び方も素敵だけど、その際はデザイン部分まで含めたサイズをしっかりと把握しておくようにしよう。
ソファベッドは変形させるときにしっかりとしたスペースが無いと出来ませんから、デザインによる選び方をする方は、細部まで含めたサイズをきっちりと計りましょう。

家具と家具の間にきっちり入れてしまうと、ソファベッドの切り替えが難しくなる場合も…。また、意外と気がつきにくいと言われている、ソファベッドの選び方は、高さはベッドにした時にも他の家具が使いやすいバランスの高さのものを選ぶのが使いやすくていいでしょう。


recommend

スーツケース 大型
http://www.suncoshop.com/